EGRJ[􃌃|[g

中国山西省工業情報化庁、「山西省新エネルギー自動車産業の2019年の行動計画」を発表-燃料電池自動車、電動自動車などの産業に重点を置き、新エネルギー自動車産業を推進する

中国山西省の工業情報化庁は、2019年4月30日に「山西省新エネルギー自動車産業の2019年の行動計画」を発表した。主な内容は以下の通り。

 

主要目標:

企業の技術改善による新エネルギー自動車及び関連する製品の生産製造能力を向上させる。山西の石炭、電気、ガスの産業利点を活用し、電動自動車、燃料電池自動車、メタノール自動車及びガス自動車を産業の中心に据え、豊かな創造力を有し、産業化レベルが高く、マーケット応用規模が広い新エネルギー自動車産業への発展を推進する。

重点任務:

  • 財政補助金を活用し、水素燃料ステーションなどに補助金を発給する。今後の山西省の新エネルギー自動車産業の補助金政策を検討する。

 

  • 産業の集積発展を推進する、関連施設の建設を促進する。

新エネルギー完成車の生産企業及び自動車部品の生産企業との協力関係を構築し、部品産業の工業団地を建設する。また、充電施設の建設も推進する。

 

  • 技術創造能力を向上させる。

新エネルギー自動車生産企業と科学研究所、大学等との産学連携の創造制度の構築を推進し、新エネルギー自動車の重要な部品の創造と開発を推進する。3D自動車生産プリンティング技術を中心に、スマート生産システムを建設し、「インターネット+工業4.0+スマートカー」の発展パターンを推進していく。

 

  • 燃料電池の自動車発展計画を策定する。

太原市と長治市などが国家レベルの燃料電池自動車の試験事業プログラムに申請することを支援する。また、水素燃料の基礎施設を建設し、燃料電池自動車の産業基地の建設を推進する。

 

  • 段階的な試験事業の推進

「中国の水素エネルギーセンター」を目指して5年間をかけて山西省を競争力がある水素エネルギー生産基地に建設する。具体的な推進指標は以下の通り。

 

推進項目 2019-2020 2021-2022 2023-2024
強い影響力がある水素エネルギーと燃料電池技術開発センター (座) 1    
燃料電池自動車テストセンター(座) 1    
試験事業を実施する都市での水素燃料ステーション(基) 3 10 20
模範公共交通ルート(本) 10 300  
公共バスの運行台数(台) 700 3000 7500

 

推進措置:

  • 財政税金政策を活用する

国家の新エネルギー自動車に対する財政税金政策を着実に実施する。各レベルの公共機関、国営企業が優先的に新エネルギー自動車の購入を推進する。

 

  • 金融支援を強化する

金融機関の新エネルギー自動車産業の発展に対する支援を推奨する。新エネルギー自動車企業の上場及び融資を支援する。

 

  • 発展環境を改善する。

公共駐車場などで新エネルギー自動車の駐車料を免除する。民間の新エネルギー自動車の応用範囲を拡大する。

 

上記記事の原文については、以下のURLより閲覧可能である(中国語簡体字)。

http://gxt.shanxi.gov.cn/NewsDefault.aspx?pid=4_277_294_53879.xtj