EGRJ[􃌃|[g

中国李克強総理とドイツメルケル首相はシンポジウムに出席し、中国とドイツが協力し自動運転、人工知能等の国際標準を制定へ

中国李克強総理とドイツメルケル首相は2019年9月6日に、人民大会堂で開催された中ドイツ経済諮問委員会のシンポジウムに出席し、参加者と意見交換を行った。

 

中国国家電気投資グループ、ファーウェイ、寧徳時代、ビーエーエスエフ、ワッカー・ケミーグループ、フォルクスワーゲングループ等の中国及びドイツの企業代表参加者はシンポジウムに出席した。各企業の代表参加者は再生可能エネルギー、5G通信技術、自動運転技術、デジタル経済、お互いに開放レベルを高める、及び公正な競争市場環境の構築などのトピックについて意見を出し、提案を行った。中国李克強総理とドイツメルケル首相は注意深く耳を傾け、応答した。

 

ドイツメルケル首相は、ドイツ側が中国側と共同で自由貿易体制を保護し、職業教育等の分野の協力を強め、共同で自動運転、人工知能等の新興経済分野の国際標準を検討し制定すると示した。

 

中国李克強総理は、中国が開放ラベルを高めていて、製造業がすでに全面的に開放していて、金融及び第三次産業の開放も持続的に推進されている。中国側はドイツ企業が中国に対する投資並びに、技術イノベーションの推進及び新興技術標準国際化についての協力を歓迎する。中国側は厳格に知的財産権を保護し、ドイツ企業を含む全ての外資系企業に法的、国際化、マーケット化の経営環境を作るように頑張る。

 

上記記事の原文については、以下のURLより閲覧可能である(中国語簡体字)。

http://www.gov.cn/premier/2019-09/06/content_5427951.htm