EGRJ[Z~i[ 2019N1213ij

中国深圳市は、「深圳市ネット予約タクシー自動車経営サービス管理暫定弁法」を発表し、ネット予約車は電気自動車であることを必須とすると要求

2019年11月19日、中国深圳市交通運輸局は修訂後の『深圳市ネット予約タクシー自動車経営サービス管理暫定弁法』を発表した。修訂後の『弁法』は新しく登録するネット予約タクシーが純電気自動車でなければならないと明確し,本市タクシー自動車運転免許と『ネット予約タクシー自動車運転免許』に対して相互承認を実行し,安全管理主体責任を一段と強化しようとした。『弁法』は2019年12月1日より実行する予定である。

国家、省と市の生態文明建設に関する方策施策及び『2018年「深圳青空」持続可能な発展計画』関連要求を全面的に貫徹するために、『弁法』は最初の燃料自動車が『ネット予約タクシー自動車運輸証』を申請取得するに関する規定を削除し,新しく登録するネット予約タクシーが純電気自動車でなければならないことを明確にし、ネット予約タクシーの条件が巡回タクシーの条件を下回らないように確保した。

運転手に就職上の便利を与えるために、不必要な就職制限を減らし,広東省関連規定によると、修訂後の『弁法』は本市タクシー自動車運転免許と『ネット予約タクシー自動車運転免許』に対して相互承認を実行し,原証明有効期間内に運転手が直接に種類の異なる巡回タクシーまたネット予約タクシーを運転できる。

修訂後の『弁法』は安全管理主体責任を一段と強化し、運転手と乗客との法的権益を守り、サービス品質を高めようとした。

資料によると、ネット予約タクシーはシェアリングエコノミー新業態として、既に市民にとって大切な交通手段の一つとなっていた。今年の九月末までに、計10軒のプラットフォームが深圳にネット予約タクシー経営業務を展開しており、全市が『ネット予約タクシー自動車運輸証』を計59892枚、運転免許を計76858枚審査し発給したそうである。