EGRJ[􃌃|[g

韓国産業通商資源部、2025年までのエコカー投資戦略を発表

韓国産業通商資源部は2020年2月上旬、環境に優しい自動車の主要な部品を開発するに当たり、2020年から2025年までの6年間、合計3856億ウォン(約385億円)を自動車部品メーカーに投資すると公告した。対象となる自動車は、電気自動車、水素燃料電池自動車、プラグインハイブリッド自動車(以下、エコ自動車)である。同部は、2020年3月6日まで公告を行い、下記のカテゴリーに分けて課題を策定し、支援事業を推進してゆくと述べた。

カテゴリー 重点課題
エコ自動車用エネルギーの充電と保存 ・走行距離を向上できるバッテリーパックとエネルギー密度の増大技術

・充電時間の短縮に関わる技術

・バッテr―充電システムのモジュール化

エコ自動車用電気駆動および電力変換技術 ・e-Powertrainの効率性向上

・e-Powertrainのシステムの多様性確保

エコ自動車用空調および熱調節システム ・熱利用の効率を向上させるハブモジュール技術

・バッテリーの耐久性向上に繋がる複合的な熱管理技術

・熱管理を基盤とする空調技術

水素燃料電池の核心部品開発 ・水素自動車の価格を削減できる部品の開発

・水素充電技術分野

 

同部は、1回充電時の走行距離を現状の50%以上向上し、走行効率は20%以上改善するとともに、充電時間は現状の1/3以下へ短縮できることを、今回の投資の目標と立てている。また、同部は、今回の投資は、2019年10月に発表した「未来自動車の産業発展戦略」による事業であると説明した。

 

一方で、こうした政府の政策の一環として、韓国Hyundai自動車は2020年から6年間、61兆ウォン(約6兆1000億円)を未来の自動車の技術分野に投資し、Kia自動車は2020年から6年間、29兆ウォン(約2兆9000億円)を未来の自動車の技術分野に投資することを発表している。Kia自動車の場合、2025年に電気自動車のラインアップを11種へ増やすことを発表している。

 

本記事の原文は、以下のサイトで閲覧することができる。

http://www.motie.go.kr/motie/ne/presse/press2/bbs/bbsView.do?bbs_seq_n=162647&bbs_cd_n=81