EGRJ[􃌃|[g

中国工業情報化部、「新エネルギー自動車駆動用バッテリーのリサイクル調査研究報告」――廃棄バッテリーのリサイクルに関する現状や今後の予想などについて報告

2019年2月22日、工業情報化部は《新エネルギー自動車動力バッテリー回収利用調査報告(概要)》を公表した。調査報告は新エネルギー自動車および動力電池産業、動力電池回収利用産業発展の現状を紹介し、併せて動力電池回収の現状、階段再利用の基本的現状、再生利用の基本的現状に対して分析を行い、階段再利用の大部分は試験的モデル段階であり、主として予備電池、エネルギー貯蔵など分野に集中し、将来市場の前途は広がり、既に業界発展の注目分野となっていることを提示している。以下が報告の注目点てある。

 

  •  動力蓄電池の退役(使用済み)状況と趨勢の分析

 現有する退役電池の数量、種類、分布地区の状況からみると、比較的集中していることが分かる。「十城千輌プロジェクト」推進時期に生産された新エネルギー自動車に合わせて発生した使用済み蓄電池(以下‟退役電池”と略称する)は約1.22GWh;退役電池は主として深圳・合肥・北京など新エネルギー自動車普及程度の進んだ都市に集中している。

 企業の回収状況からみると、現在回収する動力蓄電池の中では、研究開発生産過程で発生する不要動力蓄電池が主で、新エネルギー自動車の退役電池は比較的少なく、多くは研究開発試験および生産製造過程で発生する不要動力蓄電池である。

ユーザーから渡す退役電池の状況からみると、市場には電池産業企業、回収利用企業、レンタル企業、保険会社など多くの退役電池を回収処理する主体が存在する状況である。例えば、深圳市の退役動力蓄電池の大部分は、電池生産企業によって回収貯蔵され、階段再利用研究に用いられる;北京新エネルギー公共交通車輛の動力蓄電池は主にレンタル方式で利用されており、退役後は、北京電力公司が階段再利用でエネルギー貯蔵製品の研究に利用するか、或いは回収利用企業が処理をしている。

退役電池の数量、種類、分布地区分野では、退役量と保有量は正比例しており、三元電池の累計退役量が高い比率を占めている。2020年中国の退役電池累計量は25GWhに達すると予測されている。退役電池は主として新エネルギー自動車保有量の大きな京津冀、長江デルタ、珠江デルタ地区に集中する予想である。個人ユーザーが順次新エネルギー自動車の消費主体となるにつれて、退役電池の回収は徐々に個人ユーザーが中心になっていくだろう。

 

  • 使用済み動力蓄電池回収利用の基本的状況

 1.回収システムの構築状況

 自動車製造企業は、様々な形式の回収システムを構築している。現在、北汽新エネルギー・広汽三菱など45企業は既に3204ヶ所の回収サービス・ネットワーク拠点を設立しているが、主として京津冀、長江デルタ、珠江デルタおよび中部の新エネルギー自動車保有量が比較的高い地区に集中している。

 回収システム建設には二種類のパターンがあり、一つは生産者が主導するもので、自動車生産企業が販売ルートを利用して構築する退役電池回収システムで、回収した退役電池を総合利用企業に引き渡して処理する、或いはむしろ協力して共同で電池の余剰価値を利用する;もう一つは、第三者を主体として、階段別・再生利用企業と自動車・電池生産企業が協力して、共用の回収サービス・ネットワーク拠点を建設し、協力企業の新エネルギー自動車退役電池を集中的に回収する。

 2.階段別利用の基本状況

 通常動力蓄電池容量が80%以下に減少した時は、自動車の動力要求を完全に満たすことは出来ないが、階段別にその他分野に利用することが出来る。現在、動力蓄電池の退役量は比較的少なく、階段別利用の大部分は試験モデル段階にあり、主として予備電池、エネルギー貯蓄など分野に集中している。発展の趨勢から見ると、階段別利用市場の前途は広がり、既に業界発展の注目点となり、一部企業は階段別利用分野で、“賃貸取次販売”など新しい商業モデルを模索中である。

 3.再生利用の基本的現状

現在、廃棄電池再利用業界は既に一定の規模を有し、産業化も実現していて、湖北省格林美、湖南省邦普、広東省光華、浙江省華友鈷業、江西省豪鵬などを代表とする企業が既に大規模化した再生利用能力を具有している。再生利用企業の多くは、廃棄電器電子製品処理企業および有色金属製錬企業から発展したもので、主に長江デルタ、珠江デルタおよび中部地区など適切な工業基礎を具備する中小都市に集中している。業界は既にかなり成熟した設備及び技術を具備するが、依然として技術アップグレードの余地は残されている。業界には、リチウム金属回収率の低迷、多種電池回収処理の互換性未発達などの問題が存在する。現在、再生利用関連の国家および業界標準の研究制定が加速されたところである。

 

《新エネルギー自動車動力バッテリー回収利用調査報告(概要)》の中国語原文は、以下の工業情報化部ウェブサイトで見ることができる。

http://www.miit.gov.cn/n1146285/n1146352/n3054355/n3057542/n3057545/c6651773/content.html