EGRJ[Z~i[ 2019N1213ij

代替燃料供給インフラ指令を補足・修正する委員会委任規則(EU)2019/1745が公布される

EUでは、2014年11月に発効した「代替燃料供給インフラの展開に関する指令2014/94/EU」(文末の関連法規(1))によって、電動車の充電ポイントをはじめとする代替燃料供給インフラ向けの標準規格や、加盟国がそれぞれの「国内政策枠組み(national policy framework)」の一部として実施すべきインフラ構築最低要件が定められている。2019年10月22日、この指令2014/94/EUを補足・修正し、また委員会委任規則(EU)2018/674(文末の関連法規(2))を廃止する、2019年8月13日の委員会委任規則(EU)2019/1745がEU官報で公示された。

 

規則原題:

Commission Delegated Regulation (EU) 2019/1745 of 13 August 2019 supplementing and amending Directive 2014/94/EU of the European Parliament and of the Council as regards recharging points for L-category motor vehicles, shore-side electricity supply for inland waterway vessels, hydrogen supply for road transport and natural gas supply for road and waterborne transport and repealing Commission Delegated Regulation (EU) 2018/674

規則原文:

https://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=uriserv:OJ.L_.2019.268.01.0001.01.ENG&toc=OJ:L:2019:268:TOC

 

規則(EU)2019/1745のポイント

欧州委員会は、EU全体(現在の加盟国数は28)でのモビリティを確実にするために、道路交通、海上交通、そして内陸水路交通向けの充電及び燃料補給ポイントの標準化作業を進めている。その相互運用性の確保に必要な技術仕様(technical specifications)を特定し、これらを欧州規格あるいは国際規格の中で規定するという作業である。

同委員会はこのために、欧州標準化規則(EU)No 1025/2012の第10条に従って、欧州標準化委員会(CEN)と欧州電気標準化委員会(CENELEC)に、適切な欧州規格を開発・採用するか、あるいは現行の欧州規格を修正することを要請してきた。新しい規則(EU)2019/1745は、こうしてCEN/CENELECによって開発された一連の規格をEU法規の中に採り入れるために、指令2014/94/EU附属書IIで規定されている以下5項目の技術仕様を補足・修正するものである。

  • Lカテゴリー自動車*用の充電ポイント
  • 内陸水路船舶のオンショア電力供給
  • 自動車用の圧縮天然ガス(CNG)補給ポイント
  • 自動車用の液化天然ガス(LNG)補給ポイント
  • 内陸水路または海洋船舶用の燃料補給ポイント

* 二輪車、三輪車およびクアドリサイクル

 

今後の展開とスケジュール

2019年11月11日:規則(EU)2019/1745発効

2021年11月21日:規則(EU)2019/1745適用開始

 

関連法規

  • 「代替燃料供給インフラの展開に関する2014年10月22日の欧州議会及び理事会指令2014/94/EU」(2014年10月28日公布、2014年11月17日施行)

https://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?qid=1573467665257&uri=CELEX:32014L0094

  • Lカテゴリー自動車向け充電ポイントや内陸水路船舶用のオンショア電力供給などについて、指令2014/94/EUを補足するための2017年11月17日の欧州委員会委任規則(EU)2018/674(2018年5月4日公布、2018年5月24日施行)

https://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?uri=CELEX%3A32018R0674