EGRJ[􃌃|[g

EUの乗用車と小型商用車を対象とした新たなCO2排出基準を定める規則(EU)2019/631が公布される

2019年4月25日付けEU官報で、「新しい乗用車と小型商用車のCO2排出基準を定め、規則(EC)No 443/2009 と規則(EU)No 510/2011を廃止する2019年4月17日の欧州議会ならびに理事会規則(EU)2019/631」が公布された。

規則原題:

Regulation (EU) 2019/631 of the European Parliament and of the Council of 17 April 2019 setting CO2 emission performance standards for new passenger cars and for new light commercial vehicles, and repealing Regulations (EC) No 443/2009 and (EU) No 510/2011

規則原文:

https://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/?qid=1556865098299&uri=CELEX:32019R0631

 

本規則の構成と目的

本規則は、全19条と5つの附属書から構成されている。

本規則は、新しい乗用車と小型商用車向けのCO2排出性能に関する要求事項を定めるものである。その目的は、規則(EU)2018/842に定められているEUの温室効果ガス削減目標ならびにパリ協定の目的の達成に寄与すること。そして、域内市場の適正な機能を確保することである。[第1第1項]

 

適用範囲

本規則は、以下の自動車に適用される。[第2条第1項]

  • 指令2007/46/EC (型式認証枠組み指令)附属書IIの定義の下でM1カテゴリーに分類される自動車のうち、EU内で初めて登録され、それ以前にEU外で登録されたことのない車両。
  • 指令2007/46/EC 附属書IIの定義の下でN1カテゴリーに分類される自動車のうち、基準質量(reference mass)が2610 kg以下の車両。また、同じくN1カテゴリーの自動車のうち、規則(EC) No 715/2007の第2条(2)の定めに従って、規則(EC) No 715/2007の下での型式認証が拡大適用される車両。ただし、いずれもEU内で初めて登録され、それ以前にEU外で登録されたことのない車両であること。なお、基準質量が2610 kgあるいは2840kgを超えるNカテゴリーのゼロエミッション自動車に関しては、その超過がもっぱらエネルギー貯蔵システムの質量に起因する場合には、一定の条件の下、2025年1月1日以降、本規則の適用範囲内の小型商用車としてカウントするものとする。

 

新しいCO2排出基準と罰則

  • 2025年1月1日以降、EU販売モデル全体で、以下の目標値を適用する。[第1第4項]

(a) 新しい乗用車の平均排出量として、附属書I/Part A/6.1.1に従って決定される2021年目標値の15%削減に相当する値

(b) 新しい小型商用車の平均排出量として、附属書I/Part A/6.1.1に従って決定される2021年目標値の15%削減に相当する値

  • 2030年1月1日以降、EU販売モデル全体で以下の目標値を適用する。[第1第5項]

(a) 新しい乗用車の平均排出量として、附属書I/Part A/6.1.2に従って決定される2021年目標値の37.5%削減に相当する値

(b) 新しい小型商用車の平均排出量として、附属書I/Part A/6.1.2に従って決定される2021年目標値の31%削減に相当する値

  • なお、実際の製造者別排出目標値(Specific emissions targets)は、対象車両の質量等を考慮して製造者ごとに設定されるが[第4条]、ある製造者の平均CO2排出量がこれを超過した場合、欧州委員会は、年単位で、以下の計算式に基づいて算出される罰金(excess emissions premium)を、当該製造者に科すものとする。[第8条]

 

(超過排出量g/km×95ユーロ)× 新規登録自動車台数

 

ZLEVベンチマーク

本規則は、CO2排出量が0~50g/kmまでの自動車を「ZLEV」(ゼロエミッション自動車と低排出自動車)と定義し、2025年以降の製造者別排出目標値の計算式にこれらの自動車の割当率(「ZLEVベンチマーク」)を組み込むことにより、ZLEVの普及を促進するための新たなインセンティブメカニズムを採り入れている。詳細は、本規則の第1条第6項及び第7項、さらに附属書I/Part A/6.3(乗用車)および附属書I/Part B/6.3(小型商用車)を参照のこと。

 

今後の展開とスケジュール

本規則は2019年5月15日に発効し、2020年1月1日に適用開始される。なお、本規則の適用開始に伴い、現行の規則(EC)No 443/2009(乗用車の2015年向けCO2排出基準を定める規則)と規則(EU)No 510/2011(小型商用車の2017年向け CO2排出基準を定める規則)は無効となる。