EGRJ[Z~i[ 2019N1213ij

米EPA、カリフォルニア州のトラック規則に違反した6社と和解

米環境保護庁(EPA)は2019年10月2日、Coca-Colaなど6社がカリフォルニア州大気資源委員会(CARB)のトラック・バス規則およびトレーラー・トラック規則に違反したとされる件で、それら6社と和解に達したことを明らかにした。この和解合意にもとづいて6社が支払う制裁金は合計45万ドル(約4900万円)余りである。

以下は6社の違反内容とそれぞれの制裁金額である。

 

The Coca-Cola Company

2015年から2017年にかけてカリフォルニア州内で借り上げていたトラックのうち63台について、トラック・バス規則を遵守していることの確認を怠るなどした。制裁金額は14万5000ドル(約1570万円)。

 

Mercer Transportation Company Inc.

下請けのトラック・オーナーらがCARBのトレーラ・トラック登録簿への登録をしたかどうかの確認を怠るとともに、記録の保存も怠った。制裁金額は4万6787ドル(約507万9500円)。

 

Liquid Transport LLCとLiquid Transport Corp.

2014年から2017年にかけて、ディーゼル用微粒子フィルターを装着しない大型ディーゼル・トラックをカリフォルニア州内で事業に使用するなど、いくつもの違反をおかした。制裁金額は15万ドル(約1600万円)。

 

Dean Foods Company

2014年から2017年にかけて、ディーゼル用微粒子フィルターを装着しない大型ディーゼル・トラック14台を使用したほか、40台の記録の保存を怠った。制裁金3万ドル(約330万円)を支払うほか、9万ドル(約980万円)を投じて1校以上の学校の教室にエア・フィルター・システムを設置する。

 

D&E Transport LLC

2014年から2017年にかけて、ディーゼル用微粒子フィルターを装着しない大型ディーゼル・トラック26台をカリフォルニア州内で使用するなどした。制裁金額は5万5000ドル(約600万円)。

 

Flat Creek Transportation LLC

2014年から2018年にかけて、ディーゼル用微粒子フィルターを装着しない大型ディーゼル・トラック24台をカリフォルニア州内で使用したほか、63台の記録の保存を怠った。制裁金額は7万1250ドル(約773万7000円)。

 

なお、この件に関するEPAの報道発表は以下のURLで読むことができる。

https://www.epa.gov/newsreleases/us-epa-settles-six-companies-over-california-trucking-rules