EGRJ[Z~i[ 2019N1213ij

米ミネソタ州、中西部で初となるZEV基準策定へ動き出す

2019年9月25日、ミネソタ州知事Tim Walz氏は、同州が米国の中西部で初となるZEV基準の導入に向けて動いていることを明らかにした。同州汚染管理局(MPCA)は、10月初めに規則案を公表した。

連邦大気浄化法(CAA)の下で、車両からの排出を規制する責任は連邦政府に与えられている。ただし、CAAのセクション209では、カリフォルニア州が独自のより厳しい車両排出基準を開発することを許可している。また、 CAAのセクション177では、他の州がカリフォルニア州の基準を採用することを許可している。より厳しい基準を採用するには、州はカリフォルニア州の基準を正確に採用し、カリフォルニア州が制定した要件とは異なる要件を作成しないようにする必要がある。

“Clean Cars Minnesota”のルール作成には、低排出ガス(LEV)標準とゼロ排出車両(ZEV)標準の2つの部分がある。

LEV基準では、メーカーがカリフォルニア州で制定されたより厳しいGHGおよびその他の大気汚染物質排出基準を満たす、ミネソタ州で販売する車両を提供することが求められる。 LEV基準は、自動車メーカー向けの排ガス排出基準。車両の所有者に直接要件を設定することはなく、個人の車両検査プログラムを必要としない。

他方、ZEV基準では、メーカーは、バッテリー電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド電気自動車(PHEV)、および水素燃料を含む、特定の数の超低排気または排気ゼロの排気ガスを含むミネソタ州の車両を販売する必要がある。 ZEV基準により、ミネソタ州の消費者は、より一層電気自動車を利用できるようになると思われるが、電気自動車を購入する必要はない。

MPCAは、LEV標準、ZEV標準、両方、またはどちらも採用しない場合がある。ただし、CAAはカリフォルニア州の基準を採用する州に逐語的に適用することを要求しているため、ミネソタ州特有の変更を採用するための規則にはミネソタ州の柔軟性はない。ミネソタ州の柔軟性が限られている分野の1つは、州が製造業者向けの初期ZEVクレジットバンクをどのように確立するかという点にある。

“Clean Cars Minnesota”の規則制定の目的は、乗用車からの排出を削減することにある。GHG排出と、微粒子や地表オゾンを形成する汚染物質を含むその他の有害な大気汚染物質を削減することを意味する。次世代エネルギー法(The Next Generation Energy Act)は、州全体のGHG排出削減の目標を2015年までに15%、2025年までに30%、2050年までに80%(2005年レベルから)に設定している。ミネソタ州は2015年の目標を達成しておらず、将来の目標を達成するペースも現状では持ち合わせていない。現在、輸送部門はミネソタ州で最大のGHG排出源であるため、目標を達成するには、この分野での削減に焦点を当てる必要があるという。

さらに、他の有害な大気汚染物質の車両排出を削減することは、すべてのミネソタンの健康を保護するために重要となる。 2019年8月に、MPCAとミネソタ州保健局は生命と呼吸のレポート(the Life and Breath report)を発表した。これは、微粒子と地表レベルのオゾンが原因となって、ミネソタ州で2013年に約2,000〜4,000人の死者を出し、病院への訪問数が数百件増加したことを報告している。 MPCAの調査では、ミネソタ州の一部のコミュニティ、特に有色人種や低所得者のコミュニティなどが、車両からのテールパイプ汚染に不均衡にさらされていることも示されている。このルールを採用することは、脆弱で過重なコミュニティへの暴露を減らすのに役立つと見込まれている。

MPCAは現在、公聴会を州内で開催しており、11月19日まで予定されている。MPCAは2020年の12月末までに最終規則としてまとめることを目標に掲げている。

【参考URL】
Amendments adopting Low-Emission Vehicle and Zero-Emission Vehicle air pollution standards (Revisor’s ID R-4626)
https://www.pca.state.mn.us/air/clean-cars-mn-rulemaking